所得証明が無くてもお金を貸してくれるところを教えて!

お金を借りる時に所得証明が必要と聞いたのですが、用意するのが面倒です。所得証明がなくても貸してくれるところはありますか?

50万円以下の借入ならば所得証明は不要です

ほとんどの消費者金融の場合、所得証明が必要なのは、50万円以上の借入、または他社と合わせて100万円以上の借入になる場合です。銀行のキャッシングでは、数百万円まで提出不要というところもありますが、高額借入を考えているならば用意しておいた方が良いでしょう。

何故所得証明が必要かと言うと、総量規制という法律で提出が義務付けられているからです。要するに、貸し過ぎ、借り過ぎを防ぐための法律です。逆に言えば、50万円以下の借入ならば、本人確認書類のみを用意すれば大丈夫なのです。

用意するのが面倒、というのは、恐らく役所などで発行する所得証明書のことではないでしょうか。お金を借りるのに所得証明書の発行手数料を取られるのは、数百円と言えどイタイですし、役所に行くのも面倒ですよね。所得証明は、源泉徴収票や直近数か月分の給与明細、確定申告書などでもOKです。

ですが、医療費など緊急の場合や借金の一本化でない限り、新規申し込みから50万円を超える希望額はなかなか借りられないというのが実情です。返済実績を重ねて、借入先からの信用度を上げると、融資上限が上がる可能性があります。それまでは、所得証明は不要ですね。安心して申し込まれてください。

沢山ありますよ!所得証明が無くてもお金を貸してくれるところ

サラ金も銀行も、最近は所得証明が無くてもお金を貸してくれるところが非常に増えました。広告などでも申込み額100万円までなら収入証明の提出不要!と大々的に謳っている銀行もあるくらいです。それだけ利用者の申告を信用してくれる時代になったんですね。

しかし、収入証明の書類はすぐに取り出せるところへ保管しておくことを強くお勧めします。その理由は2つ。1つは例外的に提出を求められるケースがあること。商品概要などをよく読んでみると、不要の範囲内であっても提出を求める場合があるという但し書きがされています。そんなときに慌てて書類捜しなどをしなくてもいいように、保管場所はしっかり決めておきましょう。

もう1つの理由は、申込書を記入するときに自分の年収がわからないことを避けるため。源泉徴収票があれば何も迷うことなく書き込める内容なのに、失くしたり捨てたりしてしまって正確な数字を書き込めないということもままあります。源泉徴収票はお勤めされている方には年1回、必ず渡されるものですから、決してすぐに捨てたりしないようにしましょう。キャッシングだけでなく、いろいろな公的サービスの申込みなどでも源泉徴収票の提示を求められることがありますから、別の意味でも失くしてはいけない書類です。

少額融資の申込みだから証明書類がなくても大丈夫という油断は禁物です。自分の収入証明書類は身分証明と同じく、失くさずに保管しておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 #エイワ#より評判重視なら…口コミで選ぶ!消費者金融厳選情報 All Rights Reserved.